共有状態(親族間)の不動産売却と配分、底地と借地の権利調整

この案件は借地権(約60坪)付建物であり、兄弟であるA様とB様に相続権があるものでした(共有状態)。
老朽化した建物は被相続人名義のまま登記されており、遺産分割は未了のままです。被相続人と同居していた長男のA様家族が継続居住しており、次男のB様は何の利用もできないために、A様に遺産分割分としての現金を要求したものです。A様はそれに見合う金銭支払いができないため、裁判所の調停(本裁判の前に調停委員が介入した話し合いによる解決方法)による解決を進めていたものです。

調停では解決しなかった問題でした。この頃、次男のB様より相談をお受けしたものです。兄弟の仲はかなり険悪状態であり、B様は本裁判にしてでも結論を出したいと言っておりました。

A様にとりましては居住場所の不安と金銭負担、B様にとりましては現金の要求です。双方の過去からの経緯、経済状況、主張などを良くお聞きし、意見調整を進めました。

何とか、A様とも落ち着いて会話ができるようになり、兄弟間の取りまとめと並行して、土地の所有権者(地主様)に会う段階に進めたものです。

この問題を解決するには地主様の協力が必要です。早速、打診を開始しました。

再三の交渉の結果、A、B様側の借地権60坪を地主様に返還し、地主様の土地(所有権)の半分である30坪をA、B様に譲り渡すことで合意を得ました。結果としては地主様とA、B様側が貸借関係のない30坪の土地を所有することにしたものです。

その後の土地利用としては、長男のAさんは土地に愛着があるとの事でもあり、私は30坪の土地に新築住宅を建てることをお勧めしました。その後、B様への清算支払い金を含めた住宅ローン資金の調達と新築住宅の建築計画を開始し、無事に完成したものです。

A様は住宅ローンの借入金ができましたが、30坪の所有権敷地と新築住宅を取得、弟のB様は清算金としての現金を取得、兄弟間における遺産の配分が完了しました。一時は兄弟間の仲も険悪でしたが、その後は親戚付き合いもしております。地主様も底地(貸し宅地)という利用できない土地を現金化して老後資金にすることができ、すべての関連者が合意の上に円満解決をしたものです。

【一言】 この案件は、兄弟での共有問題解決と借地権が絡んでいました。 相続による共有不動産でトラブルが多い例は、長男が引き続き居住しているケースです。長男は居住しているのでメリットがあるのですが、弟さんは何のメリットがなかったのです。 弟様は長期にわたり長男に共有解消を持ちかけていましたが進展しないため、本裁判を考えていた時に、私(森)相談をくださったのです。

兄弟間の共有不動産解消の問題と借地権問題の整理・解決の業務でした。 結果としては、調停・本裁判に委ねることなく、長男は、土地を2分割して30坪の所有権の土地に新築を建て、弟様は現金を受取り、地主は利用できなかった60坪の貸地が貸借のない30坪の土地として戻ってきたのです。 関連者すべてが納得できる解決結果となりました。

この案件では兄様が共有不動産の分割に理解を頂きましたが、話合いが付かないケースも多いものです。 その場合は家庭裁判所の調停に進めれば、かなりの確率で和解になる可能性があります。和解できない場合は、本裁判に進めるしかありません。

最後に、可能な限り地主さんとは争いなどを避けておきたいものです。よくあるケースでは、借地権の更新料の支払いをしていなかったために、 後になって借地権を第3者に売却しようとしても地主から拒否されるケースが多いです。

Follow me!

悩むより解決に向けてお気軽にお問合わせください。

共有不動産や借地・底地の売買の事など、お気軽にお問い合わせください。東京都練馬区の昭和住地です。03-3924-6001